ネオ、ゴーガへの道(時間計測結果つき)


先週からオープンした渋谷駅東口のスロープ。毎日通勤する身として気になるのは従来の地下を経由した16C出口利用と、スロープ利用のどちらが速く着くか、ということです。

道案内がてら測ってみましょう。計測の開始地点は山手線を降りたホームです。
渋谷駅山手線品川方面行ホーム、午前9:45頃の様子

階段を降りて改札を出て、16Cとの境目。ここで旧来の習慣だったエスカレーターを下るのではなしにそのまま右に進んでいきます。
ちょっとファッショナブルな方もいるのが渋谷らしいですね

ちなみにここまでの経過時間、


ヒカリエに行くエスカレーターが右側に現れますがそのまま前に進んでいきます。

外に出ますよ。

外です。ヒカリエが目の前に。

ここまで2分2秒。

脇見してみるとこんな表示も。

バスを左手側に見ながら階段を登ります。だんだんそれらしい雰囲気になってきました。

階段手前のバス停(降車専用)のところで3分15秒です。

登ったらストリーム六本木方面を目指しましょう。ストリームをチラっと振り返ります。

警察署とエレベータが見えてきました。あとはこのままスロープを下るだけです!

あ、先週はまだ開いていなかった階段がオープンしてますよ。

この時点での経過時間は4分49秒。

スロープを降りてそのままゆるやかな坂を登るとゴーガの入った清水ビルに到着。

ここでストップウォッチを止めると…

【結論】
朝10時手前の場合、山手線を降りてから清水ビルエレベータの手前までは7分少々で到着する。歩くのが速い方はもっと短くできるかもしれません。

今度は16C編も検証してみようと思います。

コメント