綾瀬市めぐるっと解禁 Ayase Base side Festival in 光綾公園

綾瀬市のマスコット「あやぴぃ」に挟まれる『めぐるっと』

みなさまこんにちは。週末はいかがお過ごしでしたか?

18日(土)、綾瀬市にて開催されたAyase Base side Fetivalにて『めぐるっと』が導入解禁され、ゴーガではメディア向けの説明会を行ないました。2月の小笠原村観光局に続く綾瀬市の『めぐるっと』の特徴はズバリ、ロケとグルメが大きなテーマになっている点です。すでに70を超えるスポットが登録されていますが、地元のグルメスポットに加えて様々なテレビドラマや映画のロケ地がたくさん。「ロケ地看板めぐりモデルコース」では市内をほぼ縦断するようにして様々なロケ地をめぐることが可能です。

 

説明会は後日記事になったら紹介していくとして、ここではイベントそれ自体の様子を写真で紹介してまいりましょう。

まずは会場の光綾公園野球場。青いシートの箇所は普段土とのこと。


ゴーガの場所は一塁側出入り口入ってすぐのところ。メディア向け説明会はイベント自体の開始と同じタイミングではじめました。付近では肉料理のテントが複数あり、こんな感じにタンパク質のけぶるいいにおいがやってくるのです。ああ美味しそう…。

無事にメディア向け説明会も終わり、近くのブースでベリーソーダアイス載せを購入してひといき。キャッシュレスの波が球場一塁側にも押し寄せています!


一息ついたところで会場内をめぐってみましょう!

さっきの画像で無人だったブルーシートが12:00を前に早くもこんな感じに賑わっています。

綾瀬市といえば「とんすきメンチ」。市のアイコン的食べ物を求めて長〜い列。
ちなみに何度か綾瀬入りしたゴーガの営業担当はこの「とんすきメンチ」の大ファンです

ケバブのブースはちょうど肉の塔を入れ替えるところ。
こちらは米海軍の皆さん。手前にあるBBQソースの大きな瓶がアメリカ~ンな感じですね!そしてブース内のみなさんの身体の大きさ加減に日頃の過酷なトレーニングのほどが偲ばれます…。

ご存知の方もいらっしゃるように、綾瀬市には鉄道駅がありません。この日ゴーガは海老名からタクシーで会場入りしたのですが、タクシーの運転手さん(綾瀬市在住)が、毎年このイベントがどれほどの人で賑わうかを語るのを聞き、実際会場に歩いている途中でも入場が待ちきれない市民の方を目にして綾瀬に住む皆さんの地元愛の大きさに圧倒される思いでした!

綾瀬市といえばもう一つの大きな目玉はバラ。野球場を出るとそこにはちょうど見頃のバラが咲き誇っています…!



ちなみにこのあとアップダウンの多い街を歩きながら相鉄線の駅まで正味45分ほど歩いたのですが、道の途中ふと足元を見ますとここにも一輪のバラが。

と、いうわけで次の週末のお出かけ先に『めぐるっと』を片手に皆さんも街巡りを楽しんでみませんか?

今回サービスの導入はもとより、メディア向け説明会に場所を貸してくださった綾瀬市の皆様、そして会場内でめぐるっと普及のために工夫をこらしてくださったボランティアの皆様、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

『めぐるっと』のアプリダウンロードはこちら

コメント