【Google Maps API】Internet Explorer 10 のサポート終了について

Maps JavaScript APIおよびEmbed APIは、
Internet Explorer 10 (IE10) での使用はできなくなります。


マイクロソフト社も2020年1月にはIE10のサポートを終了するため、
IE10での「JavaScript API」および「Embed API」の表示 (ご使用)は段階的に廃止されます。


【 JavaScript API 】
JavaScript API バージョン 3.38 から(リリース日:2019年8月20日)
IE10ユーザーには、マップの上部に次のような警告メッセージが表示されます:
「Google Maps JavaScript APIでサポートされていないブラウザを使用しています。
 ブラウザの変更を検討してください。」


JavaScript API バージョン 3.39から(リリース予定日:2019年11月)
IE10からのマップロード(地図の表示)はできません。
IE10のJavaScript APIサポートは、バージョン3.38が廃止される2020年5月に完全に廃止されます。


【 Embed API 】
Embed APIの場合は、2019年8月から
IE10ユーザーにはマップの上部に警告メッセージ(上記と同じ)が表示されます。
2019年11月以降、Embed APIはIE10での使用はできなくなります。


JavaScript APIおよびEmbed APIをご利用の場合は、
以下のサポート対応ブラウザをご利用ください。
https://developers.google.com/maps/documentation/JavaScript/browsersupport


The current version of Microsoft Edge (Windows)
Internet Explorer 11 (Windows; Compatibility View is not supported.)
The current and previous version of Firefox (Windows, macOS, Linux)
The current and previous version of Chrome (Windows, macOS, Linux)
The current and previous version of Safari (macOS)


なお、JavaScript APIのバージョン3.39より以前のバージョンを指定することで、
2020年5月まではIE10にてマップロード(地図の表示)が可能となります。
バージョンアップの詳細な日時については開示されておりませんので、
予めご了承ください。

コメント