祝15周年!Google Maps Platformに新機能追加!

2020年に15周年を迎えたGoogle Mapsですが、
この度、Google Maps Platformに近日中に追加予定となる、
以下の新機能が米国時間6月15日に発表されました。

1. Local Context
…周辺情報を1種類のAPIで利用可能に!
2. Maps Customization
…地図のスタイル設定がより使いやすく、わかりやすく!
 さらに、クラウドベースでのスタイル変更が可能に!

1. Local Context とは?
 例えば、ホテルや物件の周辺情報をGoogle Maps APIを使って表示する場合、
 今までは、Dynamic Maps (JavaScript API ) と
 その他複数のAPIを組み合わせて利用する必要がありましたが、
 「Local Context」を使えば、1種類のAPIの呼び出しの中で、
 場所の名前・説明・価格帯・レート・レビュー・写真・徒歩での所要時間を
 地図上に表示することが可能になります。
 ブログ:https://cloud.google.com/blog/products/maps-platform/announcing-local-context-beta-google-maps-platform
 概要: https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/local-context
 利用方法の詳細: https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/local-context/start デモ:https://mapsplatform.withgoogle.com/horizons/local-context/#local-context-demo

2. Maps Customization とは?
以下3つの変更が加わることにより、
地図表示のカスタマイズがより詳細に、かつ簡単にできるようになります。
ブログ: https://cloud.google.com/blog/products/maps-platform/introducing-new-maps-customization-features
概要: https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/maps-customization-overview
デモ: https://mapsplatform.withgoogle.com/horizons/maps-customization/#maps-customization-demo

*Cloud-based Styling(クラウドベースでの地図スタイルカスタマイズ機能)
 地図の色や、地図上に表示する情報を編集できる、「スタイル設定」。
 新しい”Map ID”を使って実装をすると、コードを書き直すことなく、
 コンソール画面でスタイル設定が可能となります。
 地図表示に即時で反映できるので、設定時だけなく、修正時も作業が簡単になります。

*Vector Maps for JavaScript(ベクターマップ)
 JavaScript APIでベクター画像が使えるようになり、
 ズームや移動の動作が、よりなめらかになります。
 また、マーカーを表示する際の
 ベースマップとの表示の重複も管理できるようになります。
 (Marker Collision Management )

*POI情報のBusinessカテゴリが充実
 現在は「Business」という括りでしか絞り込みができませんが、
 ここに、以下の5カテゴリが追加になります。
 ・lodging(宿泊施設)
 ・shopping(商業施設)
 ・food & drink(飲食店)
 ・car rental(カーレンタル)
 ・gas stations(ガソリンスタンド)
 これにより、地図上に表示する情報を、より細かく絞り込むことが可能になります。

また、Google Maps Platformを使ったゲームの領域についても、
新しい機能がリリースされる予定とのことです。

上記の機能について、どのように提供されるのかなど、
詳細がわかり次第、ご連絡いたします。
また、本内容についてのセミナーも近日開催予定です。

コメント