Google Maps Platform に Route Optimization API が新登場

2024年5月15日(水)に、新たに Route Optimization API が登場しました。
Route Optimization API とは、
ドライバーの人数や配達先数、配達指定時間など、さまざまな条件を指定することが可能で、
その条件にあった割り当てや、効率のいい配達順とルートを算出できるAPIです。
Google提供 Route Optimization API のデモ画面:車両と荷物の割り当てとルート計画
Route Optimization API では、
目的(何を達成したいのか)や、制約(どんな条件があるのか)を考慮して、
車両のルートと配送(タスク)の割り当てを最適化できるので、
配車やルート計画の作業時間が削減され、配達プロセスにおいても改善が期待できます。
 目的の例
 ・配送、訪問の効率性:距離や目的地までの所要時間など、何を優先するのか定義
 ・時間指定:配達時間を定義
 ・コスト: 配送(タスク)に必要な車両の数を最小限に抑えてコストを削減
 ・作業分散:車両と人員で 配送(タスク)が公平に分散される
 制約の例
 ・ドライバーの業務時間: 業務の開始時間と終了時間、休憩時間の考慮
 ・車両の積載量: 車両が一度に運べる最大積載量
 ・時間枠: 顧客の空き時間や店舗の営業時間など、特定の時間枠指定
 ・依存関係と互換性: 次のいずれかの方法で処理の依存関係を定義
   ・特定の種類の車両または人員が必要(特定機材を搭載している車両や免許保持者など)
   ・最初に他の作業を実行する必要がある (荷物を受け取ってから、届け先にいく)

Route Optimization API の活用事例
・物流会社
ルート最適化の機能を活用して、翌日の割り当ての最適化が可能です。
また、配送ごとのルートを提供することで、距離と時間の効率性、コスト削減、時間どおりの配達が期待できます。これによって、ドライバーとエンド カスタマーの満足度も向上します。
・オンデマンドのフードデリバリー
リアルタイムの配達プロセスで、追加の注文が入った場合に、最適な配達順と既存のルートに新たなルートとのを提供します。
・フィールドサービス 
時間指定のある複数の訪問先へのスケジュールが瞬時に作成できるようになります。
また、遅延などによって条件が変更になった場合も再度最適化することが可能です。
 ゴーガ実装:Route Optimization API のデモ画面:1車両の配達ルート(複数の配達先は時間指定あり)
これらの新たに登場したAPIをビジネスでどう活用するのか、
Google Maps のスペシャリストである弊社とディスカッションしませんか。